FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今目指しているスウィング

私は、ゴルフの技術論に詳しくありません。
はっきり言って、どのように打てばよいのかよくわかりません。
また、わかったとしても それを実践する運動神経があるか疑問です。

昨年夏にゴルフを真剣に練習し始めましたが、
長らく平均スコア123くらいで全く進歩がありませんでした。
それが、ティーショットのドライバーをかなり短く持ち軽くあてるだけにしたことで
OBが大幅に減り110~113くらいのスコアになりました。

しかし、現状110が大きな壁になり、その先にいけない状態です。

そこで、今考え練習し始めているのが、
ティーショットを 軽く当てる から ゆっくり振る スウィングへの進化です。

思い出せば、今まで上手な方から何度ゆっくり振れと言われたことでしょうか。
今まではその意味が理解できず、ゆっくり振ることに大変抵抗がありました。
しかし、軽く当てることで一歩前進できたのですから
今なら抵抗なく ゆっくり振る に取り組めます。

それと同時に、ドライバーだけでなく全てのクラブを
同じリズムのゆっくり振るに変えようとしています

これは、スコアを悪くしている今までのミスの多くが、
2打目以降のダフル・球の頭をたたくから来ているためです。
すべてのクラブを同じリズムでゆっくり振ることで
ショットの正確性を上げ2打目以降のミスショットを減らそうという考えです。

他にもメリットがあります。
ドライバーの飛距離が160~180ヤードに伸びます。

もちろんデメリットもあります。
今酷使している5番ユーティリティーの飛距離が150ヤードほどに減ります。
それともう一つもっと深刻なのは
ゆっくり振るとシャンクがよく出るということです

先週の土曜日に60ヤードのアプローチ練習場に行きましたが、
シャンクが連発してボールを3球失くしました。
2014.09.06アプローチ練習場
こんな狭いところで3球もなくすなんてショックです。

シャンクが出る理由を考えてみました。
 仮説1 インパクト時、ボールがフェースの付け根のシャフトの盛り上がり部に当たっている。
 仮説2 インパクト時、フェースが開いている。
そのようになる理由は、
 仮説1の時 ゆっくり振ろうとして体がユルユルになりインパクト時手首が体から離れている。
 仮説2の時 ゆっくり振ろうとして体がユルユルになりインパクト時クラブを持つてが緩みフェースが開く。

どちらにしても、ゆっくり振ることと体が緩むことは別物でなければなりません。
ゆっくり・しっかり振ることを目指したいと思います。

机上の空論かもしれませんが、今はこんなことを考えています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ドライバーやUTは飛距離が伸びなくても、
方向がまっすぐなら、問題ありません。
ポイントは100Y以内で、アプローチがうまくいくかどうかです。
(自分は、アプローチが相変わらず下手で、スコア崩しています)
60Y以内のアプローチ練習ができていいですねー!
しかし、3つも球を無くすと、確かに悲しいものがあります。
次回は、ボール無くさないように、がんばってください。

やまさん

こんばんは、
今日のラウンドでは、シャンクはでませんでした。
OBは1回ありましたが、ボールは1球も失くしていません。
ただ、ショットの方向性はまだまだでしたので、
引き続き練習頑張ります。
プロフィール

ソンコー

Author:ソンコー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。